トップ 学会案内 イベント 学会誌 機関誌 お問合せ
イベント
イベント
2018年度 地区防災計画学会・日本大学危機管理学部共同シンポジウム
 西日本豪雨等の教訓と地域防災力・災害復興活動
 概要

2018年には、大阪北部地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震等の大きな災害が続き、日本中で多くの被害が出ました。これらの災害が残した教訓には多様なものがあります。本シンポジウムでは、これらの災害の教訓を踏まえ、コミュニティや企業による地域防災力の強化や災害復興活動について考察します。

 主催 地区防災計画学会
 共催 日本大学危機管理学部、情報通信学会災害情報法研究会
 後援 (公財)江頭ホスピタリティ事業振興財団
 日時 2018年12月1日(土) 13:30〜16:30(予定)※13時受付開始
 場所 日本大学三軒茶屋キャンパス 1501教室
(東京都世田谷区下馬3-34-1・東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩10分)
 内容 【司会】坊農豊彦  (一財)関西情報センター主任研究員

13:30〜13:40 【開会挨拶】
室ア益輝  兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長(地区防災計画学会会長)
茂田忠良  日本大学危機管理学部教授(元四国管区警察局長)

13:40〜15:00 【報告】
室ア益輝  兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長(地区防災計画学会会長)
 「2018年度の災害対策と地域防災力(仮題)」
矢守克也  京都大学防災研究所教授(地区防災計画学会副会長)
 「大阪北部地震と地域防災力(仮題)」
磯打千雅子 香川大学IECMS地域強靭化研究センター准教授
 「西日本豪雨と地域防災力(仮題)」
金 思穎   日本学術振興会特別研究員(専修大学)・福岡大学非常勤講師
 「学術・民間の取組が先行した地区防災計画制度の特徴(仮題)」
川中敬一  日本大学危機管理学部教授
 「我が先祖は如何に官民で災害を乗り越えたのか」
木原 淳   日本大学危機管理学部教授
 「防衛法制から見た災害予防・応急・復興活動における中央行政と地域コミュニティの協調」
山下博之  日本大学危機管理学部専任講師
 「地域防災・復興におけるローカルガバナンスの役割と課題」

15:00〜15:15 【休憩】

15:15〜16:25 【パネルディスカッション】「地域防災力の強化と災害復興活動(仮題)」
モデレーター 西澤雅道  前福岡大学法学部准教授(内閣官房企画調整官)
パネリスト   室崎教授、矢守教授、川中教授、木原教授、磯打准教授、山下専任講師、金講師

16:25〜16:30 【閉会挨拶】
吉富 望   日本大学危機管理学部教授(元陸上自衛隊陸将補)
 参加 地域防災力の強化や災害復興活動に興味のある方 定員100名
 案内  チラシ [PDF]   *再配布可能
 問合せ
地区防災計画学会事務局 事務局次長 坊農 豊彦
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
一般財団法人関西情報センター 気付
事務局: info@gakkai.chiku-bousai.jp

参加御希望の方は下記からお申し込みください。

・参加申し込みのさい、ご所属入力をお願い致します。
(所属なき場合、元職、無職等でも可能)
・複数参加でも、おひとりさまごとにエントリー願います。